コメドとニキビ跡の深い関係

1 面胞(コメド)
皮脂や角質が毛包につまって、粟粒ほどに小さくもりあがった状態。化粧品に記されているノ
ンコメドジェニックとは、この面胞ができにくい処方という意味です。
面胞には、自ニキビと呼ばれる毛穴がふさがったもの(閉鎖面胞)と、黒ニキビと呼ばれる毛
穴が開いて中央が黒いものの二種類があります。どちらも、この段階ではまだ炎症を起こしてい
ないので、そのまま自然に治ってしまうこともありますが、だんだん悪化してしまう場合も多い
ので侮れません。

2 丘疹
面胞にさらに皮脂がたまって炎症を起こし、赤くなったニキビ。まずは腫れてポツンと大きく
なり、活性酸素によって皮脂の酸化が進むと、炎症が肌の深部や周囲に広がっていきます。

3 膿疱
1 面飽(コメド)
ニキビの進行段階
4 膿腫 炎症を繰り返し、
一部皮膚が線維化を起こして
ケロイド状になっています
ニキビ痕
丘疹がさらに悪化し、化膿した状態。過酸化脂質もさらに増え、炎症が進むため、赤みが強く
なり、腫れて熱を持つことがあります。ふくらみの中心が自っぼく見えるのは、膿を持っている
から。この段階で自分でつぶすのは、 ニキビ痕を残す原因になるので厳禁です。

4 膿腫
皮膚の深い部分にできて、固いしこりのようになるニキビ。触ると痛みがあり、治るのに時間
がかかります。この段階まできたら、自己流ケアは絶対に厳禁。また、ここまで放置しておくの
も考えものです。

●ニキビ痕
膿疱や膿腫の段階での無謀な自己流ケアは、皮膚の陥没やひきつれによって表面にデコボコが
できるあばたや、メラニン色素の生成が促進されて起こる色素沈着などを残してしまうことにも
なりかねません。できてしまったあばたや色素沈着を修復するのは大変難しいことです。できる
だけ早い段階で治すことで、こうしたリスクを回避しましょう。


このページの先頭へ戻る