あたしはあたし

保育所の頃のあだ名は「あたし」

「あたしがやる」「あたしが」「あたし」

先生から「あたし」と呼ばれていた

なんでも「あたし」

自分でやりたい あたしがやりたい

幼い時の無邪気な自我は

年を重ねる毎に周囲に慣らされる

こんなあたしがいいらしい

あたしみたいなあたしがあたし

あたしはなんなのか考える

いろんなものを纏ってみる羽織ってみる

脱いだり着たり重ねたり組み合わせたり

脱着可能な添え物のカスタイマイズは自由

着こなすのはあたし

どれもあたし あたしがいる

あたしを覆うものが何もなくなってしまっても

あたしはいる

あたししか知らなかった頃のあたしがいる

あたしを満喫し 軽やかに跳ねる

(Visited 9 times, 1 visits today)

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top