ニキビ用化粧品に含まれる代表的な成分

1 知っておきたいニキピの最新基礎知識
大人のニキビケアに自己流は禁物
青春のシンボルと言われるニキビ。しかし、そのニキビが大人になって発症し、なおかつ治り
にくいという女性が現実に大変増えているのです。二〇代以上のニキビに悩む女性たちを対象に
した冒頭のアンケート調査でも、半数近くの人が思春期にはニキビがなかったと回答しており、
また、それ以外の人の多くも、思春期にニキビはあったもののいったんは治まり、二〇歳を過ぎ
てから再びひどくなってきたと答えています。
大人のニキビは、 一九九一年にアメリカのクリグマンという著名な皮膚科医による「女性にお
ける思春期後ニキビ(”8一”Qo【88ユ>oおヨヨoヨ”じ」という文献で、その概念が発表され
ています。その特徴は、二〇代から二〇代のキャリアウーマンに多く、思春期にはニキビを認め
ず、思春期後に発症し、閉鎖面胞(自ニキビ)が主体で、生理前に悪化するというもの。化粧品
によってできるニキビとは区別され、原因として血中アンドロゲン(男性ホルモン)が高いこと
が示唆されています。仕事や、仕事と家庭の両立にがんばる女性のストレスが原因ではないかと
も推察されています。
大人のニキビ(思春期後ニキビ)に関するその後の研究で、血中アンドロゲンは副腎皮質から
分泌されるものが多いということもわかってきており、脳がストレスを受けることによって起こ
る反応であることが示唆され、女性の男性化現象としてとらえられはじめました。男性ホルモン
には数種類あり、思春期のニキビの場合はうち一種類、DHEAISという血液中の男性ホルモ
ンだけが高い値を示しますが、大人のニキビの場合は数種類の男性ホルモンが異常に高い値を示
すことも報告されています。
月経異常を伴う大人のニキビは意外に多くありません。ただ、大変まれに、ニキビの要因とし
て多嚢胞性卵巣という病気が潜んでいる場合があります。これは、両側の卵巣に嚢胞性腫大が見
られ、無月経、不妊、多毛、肥満などの男性化徴候が認められる病気。こうした場合は、婦人科
への相談が必要になってくるケースもあることを覚えておきましょう。
スキンケアにティーンエージャー向けのニキビ用化粧品を取り入れている人は、肌をさっぱり
させ過ぎて、かえってカサつかせてしまっていないかに気をつけて使ってください。また、最近
は大人のニキビ用と銘打った化粧品も増えていますが、実際に使ってみて、確かな効果感のある
ものを選択してほしいと思います。
ちなみに、 ニキビ用化粧品の多くが「医薬部外品」とされているのは、より薬効に期待できる
成分が含まれているため。代表的なものを表にしてみました。しかし、時にこの主成分そのもの
殺菌剤
洗顔料
トリクロサン
トリクロカルバン
塩化ベンザルコニウム
ビオゾール
クリーム 乳液
ジェル 化粧水 パック
ピオゾール
ピニオン
消炎剤
アラントイン
e―アミノカプロン酸
グリチルリチン酸
角質溶解剤
イオウ
サリチル酸

 

が肌に合わないということもありますので、使
ってみて赤くなる、かゆくなる、などの症状が
出たら、使用を中止しましょう。


このページの先頭へ戻る