妊娠期間中に気をつけたいこと

子宮筋腫には気を付けよう

妊娠を考えたとき、まず不安になるのは、「長い妊娠期間を無事に過ごせるだろうか」ということではないでしょうか。妊娠中は、女性の体に劇的な変化が起こります。そのため、妊娠期間を無事に過ごすには、心と体が健康であることが何よりも大切なことといえるでしょう。しかし近年、子宮や卵巣にさまざまなトラブルを抱える女性が増えています。また、情報が氾濫して必要以上に妊娠への不安を抱いている女性もいます。そこで、この章では、妊娠に関する不安やトラブルの対処法について解説していきます。

 

もともと子宮は、筋肉でできています。子宮筋腫は、子宮の筋肉(筋層内)にできる良性のこぶ(腫瘍)のことです。ガンのような悪性腫瘍とは違い、直接、生命にかかわる病気ではありませんし、ガン化(悪性化)することもほとんどありません。決してめずらしい病気ではなく、成人女性の五人にひとりは筋腫持ちだといわれるほどです。また、自覚症状がないため筋腫に気づかないでいる人も相当数にのはります。最近は、食生活の欧米化のためか、若年層(二〇代) の子宮筋腫も増えてきましたが、もつとも発症率が高いのは、三〇?四〇代の女性です。筋腫の大きさは、米粒程度のごく小さなものから鶏卵大、大きなものではおとなの頭くらいまで実にさまざまですo症状も千差万別で、自覚症状もなく、生涯、筋腫に気づかず過ごす人もいれば、大量の出血や激しい痛みなど、つらい症状に長年悩まされる人もいます。また、筋腫の大きさ、できた場所によっては、受精卵が着床しにくかつたり、中期流産の原因になったり、妊娠に悪影響を与えることがあります。手術をして筋腫や―― 場合によっては、子宮そのものを切除しなければならないこともありますので、やはり注意が必要な病気といえます。


このページの先頭へ戻る